マイホーム

三井ホームを介して土地を買いました! 建物請負契約もしちゃいました!

投稿日:2017年3月12日 更新日:

今日はなんと土地の売買契約建物の請負契約を結んできました!
夢のマイホーム、憧れや妄想が膨らむけどもう後戻りできない・・・(((゚Д゚;;)))

土地探しにあたっては三井ホームの営業さんにご協力いただきました。
三井ホームの営業さんとの出会い、土地探しに悩んだ話などはおいおい記すとして、
今日一日の出来事を記録します。

スポンサーリンク

契約前の確認事項

11:00 三井ホーム展示場で営業さんと待ち合わせ

まずは展示場で営業さんと落ち合う。
展示場の打ち合わせスペースで、
今日一日のタイムスケジュール、資金計画、住宅ローンの予備審査状況、家の見積もりに何が含まれているのか、を聴く。
ここからは営業さんの車で移動していきます。

12:40 土地のサイズを実測調査

売買契約書に書かれている土地のサイズは登記上の面積であって、
実測されたサイズではなかったので、現地に行って確認!
三井ホームの営業さんと、不動産仲介の営業さんが
メジャーをびろーんと伸ばしてくれているのを旦那さんが目視でチェックしました。
私は土地の草むらにストッキングを引っ掻けるのが怖くて
土地の入口から遠巻きに見つめるだけ。笑

土地の売買契約

13:00 土地の重要事項説明を受ける

不動産仲介のお店に移動して、土地の売買にあたり重要事項説明を受けました。
重要事項に何があるかと言えば、
例えば土地に残ってる建造物(古家や植木や柵)の解体撤去についてだったり、
この土地に家を建てようと思ったらどんな法律が関係するのか、とかそんな感じね。
これ、宅地建物取引士の方が重要事項説明書に書いてあることを全部読み上げてくれます。

13:30 売り主さんとご対面。ひたすら書類に署名捺印する

売り主さんはなんと、
今回の土地から歩いて2分くらいのところにお住まいのご近所さんでした。笑
どんな方かなとドキドキしていたけど、
ご近所だし何か困ったこととかあったら来てね」と言ってくださる優しい方で、
ひと安心・・・!!
そして契約書や重要事項説明書などの各書類にひたすら署名捺印。
契約書の契印(ページとページの間に押す割印みたいなもの)はすごい押しづらいので、
なるべく印面が紙にちゃんと付くようにグリグリしながら押した方が良さそうです。

14:00 土地の手付金のお支払い

土地の売買代金の1割が手付金になります。現金でのお支払い。
加えて売買契約書に貼り付ける印紙代1万円が必要でした。
現金を持って移動するのがどれだけ怖かったことか…!
人生であんな札束もつことはもう無いのでは。笑

建物の請負契約

15:30 三井ホーム デザインセンターに到着。建築士の先生とご対面

三井ホームの扱う建材や設備などが展示されている
三井ホームデザインセンター」なるところへ移動。
ここで、私たちのマイホームを担当してくださる建築士の先生と初めてお会いしました!
物腰柔らか、ソフトな印象の先生でお話ししやすそうでした。良かった!
(厳しい感じの人が来たらどうしよう・・・とここでもビビっていた。笑)

15:45 建築士の先生と今後の打合せスケジュールを決める

本日以降、およそ2週間に一度のペースで打合せを計5回行い、
5月14日頃に建築確認申請を上げる、というスケジュールになりました。
打合せ月1くらいかと思いきや全然そんなんじゃなかった。結構過密スケジュール。
ちなみにこの計5回の打合せは「建物自体の設計」に関するものだそうで、
インテリアについてはまた別で、インテリアコーディネーターさんと一緒に打合せを行うとのこと。

16:00 建築士の先生から図面の説明を受ける

現状のプランについて、間取り図や外観図を見ながら説明を受けました。
これからまだまだ変更はできるみたいですが、
まず外観は早めに決めて欲しいなー、とのこと。
しかし旦那さんは外観の候補2種類でめちゃくちゃ迷っております・・・
(私はどっちも好きなのでどっちでも良いんだけど、
でも片方に決めたらもう片方が惜しくなるんだろうな、難しい)
また次回の打合せまでに、新居に持って行く家具のサイズを測る宿題が出されました・・・

16:20 デザインセンター内の建材・設備を紹介してもらう

外壁材や瓦、ドア・床材やキッチン・お風呂など・・・
実物の展示があり、オススメの建材を紹介してもらいます。
これインテリア好きな人ならすっごくワクワクするんじゃないかな!
うちの旦那さんは「うおぉ楽しくなってきたぞぉ」と申しておりました。笑
種類が本当にいろいろあるのでめちゃめちゃ悩みそうです。
あ、でもトイレの現物展示が無くて旦那さんがちょっとガッカリしてた。
(お腹弱いのでよくお手洗いにこもるんですよね・・・
フィット感が重要なので現物を確かめたいらしい)

17:00 三井ホームとの契約書類の説明。ひたすら署名捺印

営業さんから、三井ホームとの請負契約について、契約書と見積書の内容の説明を受けました
そしてまたひたすら署名捺印・・・
土地の重要事項説明のときも思ったけど、
これだけ説明することが多いと絶対に口が疲れると思う。営業さんはすごい。

三井ホームの建築実例紹介

18:00 展示場までの帰り道で、三井ホームの実例(外観)を紹介してもらう

外観をどうするかめちゃくちゃ迷ってる私たちのために、
営業さんが帰路の途中にある三井ホームのお家をいくつか紹介してくれました。
また書きたいと思いますが、この営業さん、本当に動きが良い
私たちが悩んでると、頼んだ訳でなくても、
時間かけて色々説明してくれたり、紹介してくれたりします。
この営業さんがいたからこんなに早くマイホーム話がまとまったんだと思う
(営業さんの術中にはまったのかもしれない。笑)

19:00 展示場に到着。お疲れ様でした

最初に営業さんと待ち合わせた展示場へ帰還。
私たちは自分の車に乗り換えて、自宅への帰り道に着く。
(実は遠隔地計画(今の住まいと建築地が離れている)なので
ここから車で2時間以上かけて家に帰りました。正直疲れた)
営業さんは19:30からまた次の打合せがあるとのこと。すげえ・・・

まとめ

今日一日で感じたこととしては、当たり前かもだけど、
重要事項説明書や契約書は事前に一度目を通しておいた方が良いと思います
けっこう長いし、専門用語もあったりで、一発だと理解しにくいかもしれません。
あとは人の説明聴いたり打ち合わせしたりって頭使うので
前日はしっかり睡眠とりましょうね・・・
(寝不足で望んだ結果、重要事項説明の時に眠気が半端なかった ←)

 

以上! めちゃくちゃ長くなった!!
誰かの参考になれば、良いな・・・^^;

 


当ブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しています

Sponsered Link

Sponsered Link

-マイホーム

Copyright© たんたんたたんたん , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.