妊活のお話

たんたんのこれまでの妊活まとめ【1~13周期】

投稿日:2017年3月11日 更新日:

2016年3月から妊活をはじめて、早一年。
いまだに私たち夫婦の間にコウノトリさんが舞い降りる様子はありませんが、これまでの妊活状況について一度まとめておこうかと思います。

スポンサーリンク

まだ余裕期(1~6周期)

基礎体温に基づく自己流タイミング

病院受診無し

カフェイン量を(いつもより)控えて、葉酸の摂取を開始

 

このころはまだ妊活を始めたばかりで、あまり危機感も抱いていませんでした。「まあ、そんなにすぐもできないだろうけど、そのうちできるでしょー」くらいの。
この期間の初め頃から、月のものの量が以前と比べて明らかに減ったのですが、脳天気に「少ない方が楽ー♪」などと思っていました・・・

焦りはじめ、病院受診期(7~10周期)

近所の産婦人科での尿+超音波によるタイミング指導&漢方処方(当帰芍薬散

低温期にはセキソビット or クロミッド服用

排卵期にhcg5000注射

高温期にデュファストン服用

やっぱり明らかに月のものの量が減ったし、薄い?ように感じて、産婦人科受診を決意
家・会社から近い(歩いて行ける)、ベテランの先生がいる産婦人科に行くことにしました。

しかし、私の「量が減った・薄い」という不安に関しては「前に比べてでしょ? 前が多すぎたのかもしれないしそんな心配ないよ」と流され、
クロミッドを服用した周期では卵胞が40mmにまでなったのに「んーこれは大きいねー」の一言で終わり。
(ネット情報だけど、大きくなりすぎると良くないのでは・・・人によって見解が違うのかな)

内診にもなかなか慣れないしちょっぴり心が折れちゃって病院行くのが嫌になりました。

凹み期(11周期~13周期)

海外製排卵検査薬を使用して自己タイミング

妊活用マカサプリを服用し始める

身体の歪みとホルモンバランスを改善すべく整体+鍼灸治療に通い始める

 

クロミッドで卵胞が大きくなりすぎ、お腹が張って痛かったり、通院のために仕事を中抜けしまくるのが心苦しくなったり、で
病院に通うのが嫌になってしまい、通院は一時的に中止することに

その代わり、マカサプリ整体+鍼灸治療を始めることにしました。
それらのおかげかわからないけど、久しぶりに高温期が12日間も続いた!
(今までは高温期ガタガタで、10日間あるかないかくらいだった)

ちなみに私が飲んでいるマカサプリはこちら↓ です。

今のところ、不妊の原因だと思われるものは?

今まで確認したことは、超音波による排卵チェック(排卵はちゃんとしている)と、フーナーテストくらい(3回やってもらって一応毎回「良好」と言われました)。

その他不妊の原因についてはまだしっかりとした検査はできていないので、確実なものではないと思いますが、高温期が短くガタガタなグラフになることから、黄体機能不全ではないかと思います

あと気になっているのは、冷え性骨盤の歪みですね。
これはマカサプリと整体+鍼灸治療の効果を期待したいところです。

今後の治療について

とりあえず今年度中(3月いっぱい)は病院はお休みし、4月以降にはもっと専門的な治療ができる病院に行きたいと考えています

まだ体外とか本格的に大変な治療を受けていないのに
しょっちゅう凹んだり不安になったり、自分あかんなあ・・・と思ったりしますが
いつかコウノトリさんがやってきてくれることを信じて、進みます!!

■ 2018年1月 追記 ■
その後、一度は妊娠し、胎嚢確認をすることができましたが、7週目で流産してしまいました。

【関連記事】【1】胎嚢確認後に、自然流産しました ~初診から出血・再受診まで~

 


当ブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しています

Sponsered Link

Sponsered Link

-妊活のお話

Copyright© たんたんたたんたん , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.