マイホーム

三井ホームの営業さんにお願いした土地探し

投稿日:2017年3月21日 更新日:

私たちのマイホーム計画には、まず土地探しが必要。
マイホームの妄想を膨らませるために住宅展示場めぐりをしていたとき、
ハウスメーカーの営業さんに

「家を建てる方って、みなさん、どうやって土地を探されてるんですか?」

と訊いて回っていました。
そうすると、「良い土地情報はハウスメーカーに入ることが多いです」との返事でした。

つまり、
ハウスメーカーにやってくるお客さんは家を建てるつもりがあり、
土地を必要としている(買ってくれる)度合いが高いので、
そこに良い土地情報を提供すれば、買ってもらえる可能性が高い。ということのようです。

という訳で、先日も書いた「運命の出会いを果たした営業さん」に、
不動産屋さんとのパイプを存分に活かして、土地探しをお願いすることにしました!

スポンサーリンク

まず三井ホームの営業さんに土地の条件を伝える

私たちが出した条件はこんな感じ。

  • とある沿線の駅が最寄りであること
    → 通勤や地域の雰囲気の関係で
  • 最寄り駅からは徒歩15分以内であること
    → 徒歩圏内だと助かる
  • 土地の広さはなるべく45坪以上であること
    → 車2台駐められるスペースが欲しいし、ちょっとお庭も欲しい
  • 土地前面道路の幅員がなるべく5m以上であること
    → 道路が狭いと私が運転できない・・・
  • ○○中学校か△△中学校の校区であること
    → 進学実績の良い公立高校へ入学する生徒数が多い

この条件に基づいて、三井ホームの営業さんにオススメ土地情報をまとめてもらいます。

三井ホームの営業さんからオススメ土地情報をもらう

営業さんから届いたオススメ土地情報は、全部で12件分
これを見て私たちは現実を知る訳ですね・・・「え、このエリアこんなに高いの!?」という。
最初はちょっと違うエリアで探していたのですが、
営業さんから指摘のあった「学区」を重視して選ぶと、当初の想定よりかなりお高めに・・・

土地情報と地図とをにらめっこしながら、なんとかかんとか候補を2つまで絞り込み。
候補に残った土地は以下の2つでした。

  1. 駅から徒歩7分、80坪の土地。分筆して40坪に。
    駅から近いので交通量は多い。
    小学校・中学校・スーパーすべてが徒歩10分圏内。
    土地の中に段差があるので造成が必要。
  2. 駅から徒歩15分、60坪の土地。電線の地役権設定あり。
    交通量の多い通りからほんの少し奥に入るので静か。
    小学校は徒歩5分、中学校は徒歩20分、スーパーは駅の近く。
    古家付だが売り主さんの責任で解体してもらえる。

最初は1の土地にかなり惹かれました。なんて言ったってすごく便利だし!!
ただ、分筆したときの土地の間口の狭さ(7.5m)や、造成費用が気になって、
次第に気持ちは2の土地に傾くように・・・

三井ホームの営業さんから、
家を建てるに当たってそれぞれの土地のメリット・デメリットを教えてもらった上で、
旦那さんの「閑静な住宅街でのびのび子供を育てたい」という希望もあり、
2の土地でプランを出してもらうことにしました

ちなみに三井ホームの営業さんは、12件の土地について、
造成や水道管引き込みの要否を調べて表にまとめてくれていたので、検討しやすかったです。
また12件のうち、営業さんが特にオススメの土地2件
(これが偶然私たちが絞った2件に合致していたという・・・)については
値引き交渉の可否や契約条件、地役権の内容なども調べてくださっていました。

選んだ土地に合わせた建物プランを出してもらう

建物の希望条件についてはまた記事にしますが、
選んだ土地に合わせて、私たちの希望を叶える建物のプランを作成してもらいました。

そして、この土地・建物プランだとどれだけの費用がかかるのか、
資金計画はどうなるのか、といったざっくりした計画表も出してもらいました。

こうやって出してもらった資料に基づいて、
この土地で良いか? 三井ホームにお願いして良いのか? を検討していきます

実際に土地へ行って確認してみる

建物プランも資金計画も悪くない。
となれば、気になるのは実際の土地がどんなところなのか、ということ。
三井ホームの営業さんから不動産屋さんに話を通してもらって、
図面とメジャーを手に、土地を見に行くことにしました

ざっくりした図面が出来上がっているので、
「建物がこの辺りまで建って、お庭がこれだけのスペースになって・・・」
ということを説明してもらいながら土地を見てみます。

これはお庭の広さや部屋の日当たりをイメージすることができたので
すごく良かったです!!

また土地へ向かう道すがら、周りのお宅を見て、
「閑静な住宅街だな。環境は悪くないな」ということがわかりました。

ここまで来ると私たちの気持ちもかなり傾いており、
土地の値下げ交渉に入ってみてもらうことにしました。
この時点では値下げ交渉が不調ならあっさり諦めるつもりだったんですよね。

三井ホームの営業さんを通して、不動産屋さんに値下げ交渉をお願いする

営業さんがパイプをもっている不動産屋の担当さんを紹介してもらい、
土地の値下げ交渉をお願いすることになりました。

このとき、不動産屋の担当さんからは、
「経験から言うと、100万円くらいの値下げなら50%くらいの確率で通ります。
200万円なら20%、300万円になると5%です」
と言われています。(確か・・・)

三井ホームの営業さんからも重ねてお願いしてもらい、
値下げ交渉に当たってもらったところ、
とんとん拍子に話が進んでしまい、あっさり土地の購入が決まりました! Σ(゜Д゜)
(とは言っても、最初に出した希望の額までは下がりませんでしたけどね)

交渉が成立したので、土地の売買契約へ・・・

というわけで、先日の記事の流れで、売買契約を締結しました。
「家を建てる」側の視点から、今までの経験もふまえたアドバイスをもらえたので
すっごく助かりました!

土地探しに悩んでいる方、
まずは気になるハウスメーカーの営業さんにお願いしてみると良いかもですよ!!

 


当ブログは「にほんブログ村」のランキングに参加しています

Sponsered Link

Sponsered Link

-マイホーム

Copyright© たんたんたたんたん , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.